100年以上継続する企業創り。
それは、経営者であれば、誰でも目指したい「理想とする企業」を創ることです。激しい経営環境の変化に適応して、「変革を続ける100年企業」。そこには、「企業の変革を推進するDNA」が醸成されているのです。
「100年企業創り合同会社」では、企業の特性に応じた「100年企業としてのDNA」創りを支援しています。
私たちと一緒に、「100年企業を創造するDNA創り」に取り組みましょう。あなたが、これからの「100年企業の基盤」を築くのです。

100年企業創り合同会社のコンセプト

100年企業創り合同会社は、3社の強み(専門領域)を発展させて、「100年継続する企業のDNA創り」を支援します。

「100年企業創り」へのご招待

100年以上継続する企業創り。
それは、経営者であれば、誰でも目指したい「理想とする企業」を創ることです。

100年企業のコンセプト

激しい経営環境の変化に適応して、
「変革を続ける100年企業」。
そこには、
「企業の変革を推進するDNA」が醸成されているのです。

「100年企業創り合同会社」では、
企業の特性に応じた「100年企業としてのDNA創り」
を支援しています。

私たちと一緒に、
「100年企業を創造するDNA創り」に取り組みましょう。

あなたが、これからの「100年企業の基盤」を築くのです。


我々が目指す100年企業像

我々が目指す100年企業像
■あなたの会社でこのような問題が起こっていませんか

●急成長はしたけれど・・・
 組織体制が不安定
 経営幹部の人財が育っていない   等々
●長く会社は続いているけれど・・・
 経営理念が形骸化している
 過去の成功が忘れられない     等々
●世代交代はしたけれど・・・
 将来ビジョンが描けない
 先代社長の影響力が強すぎる    等々

あなたは、長期的な視野で、
本質的な問題解決を目指していますか。

■本質的な問題解決を実現するために

あなたの会社の問題を、本質的に解決するためには、
「変革を続ける100年企業のDNA創り」が
必要不可欠です。


「変革を続ける100年企業のDNA創り」とは、
「4つの視点から抽出された8つの要素に対する良い習慣化」
です。

今、経営環境は激変しています。
日々、変化する経営環境に適応するためには、
「変革を続ける100年企業のDNA創り」が、
あなたの会社の“緊急”かつ“重要”な課題なのです。


調査結果


100年以上継続する企業を調査した結果、
① 家訓・経営理念を遵守している         ④ 社員の働きやすい環境・条件を創っている
② 顧客からの信頼・信用を第一としている     ⑤ 身の丈にあった成長を重視している(規模を追わない)
③ 本業から逸脱していない
という、バランス感覚の優れた企業像が浮かびあがってきました。


100年企業創りの「4つの視点」と「8つの要素」

1)4つの視点

4つの視点は、
 ①経営理念・経営ビジョンの浸透
 (トップのリーダーシップ)
 ②顧客本位
 ③独自能力
 ④人財育成
であり、
4つの視点が、相互に関係性を持って、
バランスが取れていることが重要であると認識しています。


2)8つの要素

8つの要素は、
 8つの要素は、4つの視点から、
 100年企業のDNAの要素を抽出したものです。
 8つの要素に対する取り組みが、
 100年企業創りへの取り組みです。

100年企業創りの「4つの視点」

4つの視点 8つの要素
経営理念・経営ビジョンの浸透 経営者のリーダーシップ
社会に認められる経営理念
経営ビジョン・戦略目標の設定と実行プロセス
顧客本意 卓越した顧客価値の創造
独自能力 独自能力の構築と外部ネットワークの活用
日々革新する組織創り
人財育成 後継者、及び、未来を担う人づくり
熱気のある企業文化の創造

100年企業創りの成熟度とチェックリスト

100年企業のDNA創りを診断するチェックリストでは、「8つの要素」毎に、「成熟度」概念を取り入れ、変革に向けた企業の状態をチェックします。
 ※ 成熟度とは、変革に向けた組織の状態をAレベル~Dレベルで表します

  《 定義 》 《 状態 》 《 イメージ 》
Aレベル

・求める価値を戦略的に考え、
 行動している
・体系的方法の導入

・業務遂行は誰でも同じ様に行われており、
 改善と学習を目的とした定期的な評価が実施され、
 部門間調整が行われている。
・プロセス改善が行われ、再発防止も行われている。
Aレベル
Bレベル ・過去の枠組みに基づく改善から、
 革新へ向い始めている
・基礎的な方法導入
・プロセスを明確にして業務を行い、
 活動の目標と状態把握によって評価と改善が
 開始されている。
・一部プロセス改善が開始され、
 部分的な部門間調整が行われている。
Bレベル
Cレベル ・過去の枠組みの中での改善行動
・起きてしまった問題への対応
・プロセスによる業務遂行ではなく、
 目の前にあるニーズや問題への対応
 (変革の方向が定まっていない)。
・場当たり的で対処型の業務遂行。
・起こってしまった問題に遅れて対応している。
Cレベル
Dレベル ・改善に向けた取り組みが見られない ・変革への思考がない。
 組織のあるべき姿を明確にしていない。
 現状を維持する考え方にとらわれている。

・あるべき姿や変革を実現する方法がない。
 

▲ このページのトップに戻る

About Us

100年企業創り合同会社

TEL
072-681-3600
FAX
072-686-6593
MAIL
info@100jp.co.jp
ADDRESS & ACCESS
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町19番2-301

» 会社概要はこちら

書籍のご案内

100年企業創り 〜少しずつ常に変革〜

100年企業創り
〜少しずつ常に変革〜

全9事例で導く変革への道筋。
《なぜ取り組んだのか》
《なにが成功に結びついたのか》
事例企業の背景から読み解く変革への第一歩。

出版社:コントロール社
定 価:1,296円
発行日:平成27年10月20日

»立ち読みする
»コントロール社で購入
»amazonで購入

コンサルティングの基礎

コンサルティングの基礎
中小企業診断士のための基礎理論
"コンサルティング能力"それは"ビジネスの教養"である

出版社:同文館出版
定 価:2,100円
発行日:平成25年4月

»amazonで購入

コンサルティングの作法

コンサルティングの作法
中小企業診断士のための実践理論
“コンサルタントの現場力がここにある”
第一線で活躍する中小企業診断士達の着眼点と勉強法とは?

出版社:同文館出版
定 価:2,520円
発行日:平成25年11月

»amazonで購入

© 2008 100jp LLC All rights reserved.